ヨガブログ記事詳細

ヨガで身体に良い習慣を身につけると5年後の健康につながる!投稿日時:2018-07-12 18:00:23 by 横浜:ヨガ気功教室 リラックス×背骨力で健康な体と気の能力を目覚めさせる

● ヨガで身体に良い習慣を身につけると5年後の健康につながる!


「背骨力」×「リラックス」×「気(プラーナ)」を高める「ホリスティック・コンディショニング!」


・「自分のベストコンディション(健康)は自分で作る」
・「自分の緊張・ストレスは自分でほぐす(リラックス)」
・「エネルギー(気・プラーナ)のコントロール法を身につけ健康増進・能力開発を行う」


身体をとおして自分を知る方法!生き方の発見!


こんにちは!トータル健康プロデューサー&リラクゼーションコーチの内藤です。


今日もご訪問くださりありがとうございます。


健康スタジオ横浜で行っている教室は、”ホリスティック・コンディショニング”に基づいて構成されています。

ホリスティック・コンディショニングとは、

1.外なる体の力・内なる体の力を高める(背骨、ヨガ等の運動)

2.体と心の緊張をほぐす(深いリラックス)

3.エネルギー(気)を高める(気功法)

4.環境を整える(食生活、電磁波、住環境等の改善)


運動とリラックスは自身が主体となって整えていきます。

環境は自分以外の要因で、自身に影響を与えているものについて整えていきます。

真の健康や美容は、何か一つの療法を行ったからといって築かれるものではありません。

また、何かを食べたら健康になる、あるいは何かを食べるのをやめたら健康になるといったことで築けるものでもありません。

自分で体の力を高め、自分でリラックスが出来て、自分でエネルギーを高めて、身の回りの環境を整える。以上の4つをトータル的に高めることによって、健康、美容、脳力開発のすべてがうまくまわり始めます。



先日のブログで、


気の通っている体、気の通っていない体


についてお伝えしました。


体には同じことを続けているとクセになるという特性があります。


もし、気の通っていない姿勢を続けていると、その姿勢が身について、それが無意識レベルの働きまで変わってしまうと、その悪いクセに体も心もコントロールされてしまいます。


このような状態で体を使っていると、普段なんともないようなことが無理となり、慢性疲労の土台となります。


そして、ちょっとした悪い刺激でも影響を受けてしまいます。


このような状態が固定化してくると、その刺激で無意識な興奮が続き、休んでも休んでもくつろげなくなってしまいます。


お医者さんに行っても、検査をしても異常なしと言われてしまうのはこのような状態のときです。


・なんだか具合が悪い

・気分がさえない

・毎日面白くないことばかり

・すぐに疲れる

・寝ても疲れがとれない

・食事がまずい



このようなときは、すでに異常がクセになりかかっています。


これがさらに進んで固定化(クセ)して体質になってしまうと、それが慢性病や持病の原因となります。


また、異常を起こすと治りにくく なってしまうのも特徴です。


ガンや慢性病、特に人の命にかかわる病気は、長年の異常生活、クセとなってしまった生活を続けた結果といえます。


人命を奪うほどの病は、突発的に発病するものではありません。


病気になってから自分の体のことを考えることより、普段から悪いクセを取り除くことのほうが簡単ですし楽です。


ヨガで背骨を中心とした姿勢をつくり、体の緊張とリラックスを繰り返すことで、悪いクセが固定化することを取り除きます。


慢性病はクセが長年続いて体質となった結果ですし、体質は日々の生活を変えないと変わりません。



ヨガで新しい習慣をつくっていきましょう。


毎日、毎日、良い習慣を身につけていると5年後の健康につながっていきます。



今日も最後までお読みいただきありがとうございます。






記事本文へ

ナガラスタジオ

エリア:埼玉県
治療院&エステサロンと連携した新しい…

もっと詳しく見る
ホットヨガスタジオLAVA新浦安…

エリア:千葉県
日本最大級のLAVAで、ダイエットい…

もっと詳しく見る
Sukha Yoga (スカ ヨ…

エリア:埼玉県
川口市で あさヨガ&マタニティーヨガ…

もっと詳しく見る